ダイニングテーブル選びに失敗しないためのポイント

ダイニングテーブルというのは基本的に、家族が揃って楽しく食事をする場です。そういう場であるからこそ、楽しい気分を盛り上げるデザインのモノであったり、機能性の備わったテーブルを出来るだけ選びたいものです。更に最近では、ダイニングルームといっても、単に食事をする場というだけではありません。ノートパソコンやタブレットが普及した今、それらを使いネットで買い物をしたり、ちょっとした仕事を片付ける時にも、ダイニングテーブルが使われていたりします。或いは、子供が宿題をする場として用いている家庭も少なくありません。この様にダイニングテーブルというのは、実に様々な用途で用いられているのです。そんなダイニングテーブル選びを行う上で、まず気を付けなければならないのが、設置スペースの問題です。ダイニングルームにどの程度の大きさのテーブルを置くか、或いは置けるのか、といった具合に、メジャーを使いきちんとサイズを測るべきです。

ここで注意したいのは、きちんと座る場所や行き違うスペースを考慮に入れるという点です。ダイニングルームは食事を運ぶ場でもあるので、スペースギリギリの大きなダイニングテーブルを置いてしまうと何かと不便が生じます。なので食事中でも誰かが後ろを通れる位のスペースを意識し、それを確保して購入すべきです。次にテーブルの素材選びですが、素材として使われる木材には実に様々な種類があり、色合いも違って来ています。なので素材選びのポイントとしては、ダイニングルームという空間に如何にして合わせるかという事になります。壁や床の色、或いはドアや作り付けの家具といった既存の色合いに対し、テーブルの色も合わせて統一するか、或いは違う色合いのモノを敢えて選び対比させるべきかを考えます。そんな風にしてどちらを選ぶかで、ダイニングルームの雰囲気がガラリと変化するので慎重に検討すべきです。次にダイニングテーブルの形状ですが、探して分かる通り、長方形だったり、楕円形だったり、正方形だったり実に様々な形のモノが存在しています。

しかもそれらは設置出来るスペースにより、向き不向きがあるので一概には言えません。ですが例えば半円形のダイニングテーブルならば、丸みを帯びていない方を壁やカウンターに付けてしまえば、スペースを有効に活用出来たりもします。なので、ダイニングルームのスペースや間取りを考え、ピタリと収まりの良いテーブルを購入するように心がけましょう。そのためには、簡単な間取り図を作成し、そこにどう置けるか描き込んでいけば、分かり易すかったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.