ダイニングテーブルは家族の数によって

ライフスタイルや価値観の変化、家族の増減などによって、ダイニングテーブルの利用方法が変化しています。食事の場であったダイニングテーブルは、今や、趣味や勉強、仕事など多様なシーンにおいて活用されています。ダイニングテーブルを選ぶ際には日々の活用方法を考えることが望ましいでしょう。家族の人数や来客の頻度や人数などに配慮することがポイントです。基本的には日常的な使用に合わせておき、来客時には随時スツールや別の椅子を組み合わせることによって、予算の節約が可能です。家族の人数や椅子の並べ方によってダイニングテーブルのサイズを考えることが良いでしょう。

4人以下であれば幅が170センチ以下程度、奥行きは90センチ以下程度のバランスが良いのではないでしょうか。アパートやマンションなどの賃貸物件に住んでいる場合には、若干小さめのサイズを選ぶ人が比較的多い傾向にあります。小さめのサイズを選ぶ場合には別の場所に引っ越しを行う際に買い換えを行う可能性が高くなります。6人以下で椅子を並列に並べる場合には、幅が200センチ以下程度、奥行きが95センチ以下程度のバランスが良いのではないでしょうか。肘付きのゆったりとした椅子を使用する場合には240センチ以下程度、奥行きが100センチ以下程度のバランスが良いでしょう。並列に椅子を置く場合にはダイニングテーブルのサイズ内に収まる為、比較的スペースを取ることがありません。6人以下で椅子を放射的に置く場合には、幅が180センチ以下程度、奥行きは95センチ以下程度が良いでしょう。椅子を放射的に並べる場合には、椅子を左右に配置する為、テーブルの幅に椅子を引くスペースをプラスして考える必要があります。広いダイニングルームでは優雅な印象を与えます。比較的ベーシックである四角いテーブルに四本足のダイニングテーブルは、腰掛けている時や立ち座りのゆったり感は、脚間寸法がポイントです。テーブルの脚と、座っている人の足の位置と異なるため、足を投げ出して座ることや足を組んで座ることができます。

見た目の安定感があります。テーブルの角に脚がなく天板の内側に脚がある場合には、椅子をあまり動かすことなく立ち座りを行うことができます。テーブルのサイズが小さくとも使用が可能ですが、ある程度大きいサイズのダイニングテーブルを利用することで見た目の印象が変わります。自分たちのニーズに適しているテーブルを見つけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.